バズなうニュース

世間で多くの反響が寄せられている話題を
まとめてみました。
時代の流れに乗り遅れないようにしましょう
r>



    (出典 www.j-cast.com)


    いまだに民主党政権時代のトラウマが色濃く残っているから、よほどの根拠を示さないと信用してもらえないのでは?

    1 首都圏の虎 ★ :2020/09/28(月) 23:44:22.45

    立憲民主党の枝野幸男代表は28日、産経新聞のインタビューに応じ、新型コロナウイルスの感染拡大を受けた経済対策として2年間限定で消費税率をゼロに引き下げることも選択肢の一つだとの考えを示した。「一種のショック療法なので、選択肢としては否定すべきではない。せいぜい2年までだ」と述べた。

     消費税減税をめぐっては、野党内で次期衆院選の共通公約に掲げるべきだとの主張がある。枝野氏は「掲げること自体、否定しないが、国民にとってもメインのテーマにはなり得ないのではないか」と述べた。消費喚起策としては、年収1千万円以下の中間層に対する時限的な所得税減税の方が有効だとも主張した。

    全文はソース元で
    https://news.yahoo.co.jp/articles/a3bd58bf6c66bfbab889c5c4569cea95f8e5619e

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【枝野代表、2年間の消費税ゼロを掲げ政権奪取を狙う】の続きを読む



    (出典 image.news.livedoor.com)


    いろいろな意味で安定した生活を送るのが難しい時代になっているのは確か。

    1 Egg ★ :2020/09/28(月) 19:23:53.14 ID:CAP_USER9.net

    (作家・ジャーナリスト:青沼 陽一郎)

    今年に入って、いわゆる芸能人の自殺が目立っている。

    つい先日までの猛暑が嘘のように涼しさを増した9月最後の日曜日の朝に、メディアが一斉に速報したのは、女優の竹内結子の自殺だった。
    報道によると、27日未明に渋谷区の自宅マンションのクローゼット内でぐったりしているところを夫が見つけ、119番通報した。首つり自殺を図ったと見られている。40歳だった。

    その2週間前の9月14日には、女優の芦名星が新宿区の自宅マンションで自殺。36歳だった。視聴率を稼ぎ、20年近く放送の続くテレビドラマ『相棒』シリーズに準レギュラーで出演もしていた。

    さらにその2カ月前。7月18日には、俳優の三浦春馬が30歳の若さで自ら命を絶っている。やはり今月20日に都内の自宅で自殺した俳優の藤木孝(享年80歳)と芦名と過去にドラマで共演していたことや、
    竹内と映画での共演もあったことから、そこに奇妙な因果関係を見出したがる報道もある。

    さらに遡れば、フジテレビの番組『テラスハウス』に出演していた22歳の女子プロレスラーの木村花が、5月23日に自殺している。
    正式な発表はないが、同番組での出演者とのやりとりを巡るSNS上での誹謗中傷が原因であるとされ、今月になってBPO(放送倫理・番組向上機構)の審理入りが決まった。

    華やかに映る芸能界の裏側で、みんななにかに悩んでいた。そのギャップに多くの一般視聴者は驚き、そこに“心の闇”があった、
    などと使い古された曖昧な言葉で絡め取って、どこか落ち着かせようとする、そんな記事原稿も少なくない。

    はたまた、新型コロナウイルスの蔓延による影響を説く、いわゆる自殺に関する専門家と呼ばれる連中の声もある。不要不急の外出の自粛が叫ばれ、人との接点も減った。
    俳優であれば、撮影や舞台の出演も先送りになったり、中止になったりする。ともすれば収入にも影響が及ぶ。いままでと違う日常。それだけでもストレスなのに、親しい人とも疎遠になって、
    心の内を聞いてもらえることもなくなった。それが自殺に結びついている。そういう見立てだ。

    だが、問題はそんな単純なものはではない。ここに現れているのは、“日本の闇”そのものである。

    ■ 若者の死因トップが「自殺」である日本

    厚生労働省は今月、昨年2019年の「人口動態統計」を公表している。
    そこで驚かされるのは、15歳から39歳までの死因の第1位がいずれも「自殺」であるとだ。5歳ごとの年齢階級別に表示される死因の順位を見るとわかる。2人に1人がなるとされる「がん」よりも多い。
    しかも、10歳から14歳まででは、「自殺」が死因の第2位を占め、2017年には同年齢階級の第1位になっている。

    さらには、昨年の統計で40歳から49歳までの死因の第1位は「がん」だが、第2位は「自殺」となる。50歳から54歳まででは「自殺」が第3位、55歳から59歳までで第4位、60歳から64歳までで第5位に位置する。
    国内の日本人の自殺者数は、3万2000人を超えた2003年をピークに、年々減少傾向にある。ところが、20代、30代の死因の第1位が「自殺」である傾向は、もう20年以上変わらないで推移しているのだ。
     こんな国はない。こんなに若者が自ら死を選ぶ国は、先進国といわれるなかでも日本だけだ。

    9/28(月) 6:01配信
    https://news.yahoo.co.jp/articles/706aeabe6a0f4da4c6971e9fa0f9d9b31379bc00


    (出典 livedoor.sp.blogimg.jp)


    【コロナ禍は無関係?『芸能人の自殺』があぶり出した日本社会の闇とは】の続きを読む



    (出典 www.sankeibiz.jp)


    こっれが高いと見るか安いと見るか、個人的には当時の品薄状況から考えると高くはないと思ってしまう。

    1 ばーど ★ :2020/09/28(月) 08:13:12.73

    巨額の税金を投入して1世帯に布製マスク2枚を配るというその政策が議論を呼んだ「アベノマスク」だが、一部の業者からのマスク1枚の価格が143円だったことが、政府が開示した文書で明らかになった。単価は非公表とされており全て黒塗りになっていてたが、一部で塗り忘れが有ったと見られる。原告らは、価格を非公表にする理由は無くなったとしており、全面的な契約内容の開示を求める。

    情報開示は神戸学院大の上脇博之教授が厚生労働省と文部科学省に対して行ったもので、8月27日に開示された文書では、マスクの単価は非公表とされ、該当する記述は全て黒塗りになっていた。

    このため、上脇教授はきょう(9月28日)、大阪地方裁判所にマスクの単価の開示を求める訴えを起こすことにしているが、このうちの文部科学省が開示した文書に、「厚労省内に設置されているマスクチームから、業者との交渉により、単価が143円(税込み)になる連絡があり、4月17日に業者より見積書の提出があった」と記されていたことがわかった。

    弁護団の谷真介弁護士が開示された文書を精査していて発見した。

    文書には、「これに伴い、4月20日付けで変更契約を行うものである」とも書かれており、この契約におけるマスクの単価について文部科学省が厚生労働省に合わせて143円にしたことを伺わせる記述になっている。

    一方で、文書では、マスクの総数や単価を示す部分が黒塗りになっているため、谷弁護士は、「黒塗りをし忘れたのではないか」と話している。

    上脇教授と弁護団は143円が全てのマスクの価格なのか確認する必要が有るとしており、一部でも金額が明らかになった以上、国がマスクの単価を非公表にする理由は無くなったとして、裁判で全面的な契約内容の開示を求めることにしている。

    9/28(月) 5:36
    https://news.yahoo.co.jp/byline/tateiwayoichiro/20200928-00200337/


    (出典 newsbyl-pctr.c.yimg.jp)


    (出典 newsbyl-pctr.c.yimg.jp)


    (出典 giwiz-tpc.c.yimg.jp)


    関連スレ
    【政府配布】「アベノマスク」単価開示求め 神戸の大学教授が提訴へ [ばーど★]
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1600994137/


    【アベノマスク、単価は143円?機密文書の黒塗りし忘れでバレてしまう】の続きを読む



    (出典 img.tokyo-sports.co.jp)


    何だか恐ろしい。コロナ禍で休みが増え、急に緊張の糸が切れてしまったかのようだ。

    1 digitec ★ :2020/09/27(日) 21:35:39.86 ID:CAP_USER9.net

    竹内結子さん死去 代表作多数 最新出演映画「コンフィデンスマンJP」では三浦春馬さんと共演も
    https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2020/09/27/kiji/20200927s00041000163000c.html
     最新の出演映画は7月公開の「コンフィデンスマンJP プリンセス編」で、7月に亡くなった三浦春馬さんとも共演していた。

    (出典 i.imgur.com)


    (出典 i.imgur.com)



    ざわつく「ブラッディ・マンデイ」 藤木孝さん死去…出演者に不幸相次ぐ
    https://news.yahoo.co.jp/articles/e3a512d219bb61bc58b82078fe69f038c16e52f0
    三浦春馬さん、芦名星さんに次いで藤木孝さん(写真)までも…
     2008年に放送されたドラマ『ブラッディ・マンデイ』(TBS系)がネットをざわつかせている。このドラマに出演していた俳優、藤木孝さんが20日、東京都内の自宅で死亡しているのが見つかったのだ。藤木さんは自殺とみられるが、くしくもこのドラマでは今年に入って出演者に不幸が相次いでいるのだ。


    芦名星さん 三浦春馬さんとは気心知れた同志のような間柄
    https://news.yahoo.co.jp/articles/dc56c24516707a8a8a6c9ff0d764eb6235ec39d7
     9月14日、自室で亡くなっている姿が発見された女優の芦名星さん(享年36)。彼女の心の支えだったというのが、三浦春馬さん(享年30)だ。2人はシーズン1、シーズン2と放送されたTBS系のドラマ『ブラッディ・マンデイ』(2008年、2010年)で共演していた。
    「お互いに生真面目で、思い詰めてしまうような一面があり、相通じる部分があったのでしょう。撮影時から演技論を交わして親交を深め、クランクアップ後も飲みに行く仲になったようです。といっても恋愛関係ではなく、気心の知れた“同志”のような間柄で、いろいろと相談し合っていたと聞きます」(芦名さんの知人)
     だが7月に三浦さんが自ら命を絶ち、芦名さんは深い喪失感に苛まれた。三浦さんの四十九日翌日の9月5日に、彼女はインスタグラムの“裏アカウント”にこんな投稿をしている。

    《そっちはどう? こっちはなかなか(笑) 会いたい。ふつーに会いたいよ(泣き顔の絵文字)》


    前スレ
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1601195251/


    【竹内結子さんまでも…三浦春馬さんから始まった自殺の連鎖】の続きを読む



    (出典 www.asahicom.jp)


    日本の医学部はあまりにも学費が高すぎる。このままだと将来医者不足に陥るのではないか?

    1 孤高の旅人 ★ :2020/09/27(日) 23:01:10.15

    東京女子医大、学費1200万円値上げ コロナで経営難
    9/27(日) 21:00配信
    https://news.yahoo.co.jp/articles/237ac2fc7d485167c98f73a356be274c19fe3bb0

     私立大学の医学部で学費を値上げする動きが出ている。東京女子医科大は2021年度の入学生について6年間で計1200万円上げる。コロナ禍による大学病院の経営悪化の影響などが指摘されている。

     東京女子医大がホームページで公開している入学案内によると、6年間の学費は4621万4千円。広報担当者によると年間200万円の施設設備費の項目が新たに加わったという。値上げの詳しい理由はホームページでは示しておらず、取材にも回答していない。

     河合塾が私立大医学部の20年度の募集要項などをまとめたところ、主な選抜方式で総額が最も高いのは川崎医科大(岡山県)の4736万5千円。今回の値上げで東京女子医大は21年度から、金沢医科大(石川県)を上回り2番目に高いところになりそうだ。

    ★1:2020/09/27(日) 21:43:31.54
    前スレ
    【社会】東京女子医大、学費1200万円値上げ コロナで経営難 [孤高の旅人★]
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1601210611/


    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【コロナ禍で医学部は火の車?東京女子医大が学費を大幅値上げ】の続きを読む

    このページのトップヘ